明日を創る、未来ニュース vol.5 金与正守護霊が明かす「米朝会談」衝撃の裏側

次々と発信される大川隆法著作シリーズから、「激動の世界の未来」と「あなたの人生の未来」を見通し、「幸福な未来」を自らの手で創り出すポイントをお届けします。
今日の1冊:『北朝鮮の実質ナンバー2 金与正の実像 守護霊インタビュー』6月13日収録、6月16日~発刊
 

さまざまな憶測が飛び交う米朝会談の成否

 
世界中が注目した「米朝首脳会談」。トランプ大統領と金正恩委員長が仲睦まじく歓談する映像が、さまざまな憶測を呼びました。
「非核化の期限を決めずに金正恩の体制保証をしたのは、トランプの敗北」「独裁者の金正恩を持ち上げすぎ」など、マスコミや識者はトランプ氏への不満や不安を口にしています。
 
そのようななかで、まったく違う角度から、マスコミが報じない「真実」が明らかになりました。
それが今回の、北朝鮮ナンバー2であり金正恩委員長の妹である、金与正(キム・ヨジョン)氏の守護霊インタビューです。
米朝首脳会談の翌日、大川隆法総裁のもとに現れた同氏守護霊が語った驚くべき内容とは? まさに、全世界が驚愕する真実が述べられています。
 

世界が感じた米朝会談の疑問点と、その真相

 
ここで、多くのマスコミが提示している「疑問」に対し、金与正氏守護霊が語った「真相」をいくつか見てみましょう。

 
●疑問1 「完全かつ検証可能、不可逆的な非核化」(CVID)という文言を合意文書に明記せずに、金正恩委員長に「体制保証」を約束した。北朝鮮お得意の「引き伸ばし作戦」に、トランプ大統領はまんまとだまされたのではないか?

《金与正守護霊》(トランプは非核化を)「即時に全部やれ」と、ハードネゴをしてきましたけど、「いや、それをやると、私たちだってもたないので、改革を実行する主体がいなくなりますけど、それでもよろしいんですか」と言うと、トランプさんは、いちおう分かったので。「それなら分かった」と。(115ページ)

 
●疑問2 なぜトランプ大統領は、「残虐な独裁者・金正恩」をあれほど持ち上げたのか?

《金与正守護霊》(北朝鮮は戦争に)負けたんです。負けたんですけど、トランプさんは、負けた者を惨めに扱うようなことはしません。そこは彼の騎士道的な精神で、昨日は、そう見せないように、やってくれたわけですね。(71ページ)

 
●疑問3 なぜトランプ大統領は、「北朝鮮の脅威はなくなった」と断言したのか?

《金与正守護霊》兄の守護霊が霊言集として出てることも知っていますし。でも、単に、「攻めて滅ぼせ」と言っているわけじゃなくて、「無血開城せよ」と言っておられますよね。(中略)それ、兄はかなり聞き入れたんですよ。(152ページ)

世界中のマスコミが、「引き伸ばし作戦に出た金正恩の勝ちだ」などと今回の会談を評しているのとは正反対に、金与正守護霊は「北朝鮮が負けた」「無血開城する」と、はっきりと「負け」を認めています。
その上で、トランプ大統領に「体制保証」してもらって、「非核化」を実現し、軍部を抑え、「民主化」つまり「西側の仲間入り」を目指すというのです。
 
これはトランプ大統領の「完勝」と言えます。そして、トランプ大統領は、あえてそれをマスコミに見せずに、金正恩氏を「立派な若者だ」とおだてて、わざと対等であるかのように見せているわけです。
ここにトランプ大統領の「器の大きさ」と「先見性」、そして「独裁者であっても有効に使う」という賢さが表れていると言えるでしょう。
 

北朝鮮外交で日本が行うべきこと

 
今回の霊言は、日本にとっても大きな衝撃であり、また、すぐ隣の「脅威」が消えていくことを意味します。
安倍首相は「私はだまされない」「拉致問題の完全解決がないかぎり、日本は制裁解除しない」と息巻いていますが、トランプ大統領の真意をまだ知らないようです。
ぜひ安倍首相にも本書を読んでいただき、大局的見地に立って、将来を見据えた外交、そして「次の脅威」である中国に対抗するためにも、トランプ大統領と共同歩調をとることを勧めたいと思います。
 
いろいろな意味で、「世界的な衝撃スクープ」である本書は、世界のどこにもない「新情報」であり「真実の情報」です。
この真実を知っていると知らないでは、今後の世界の動きがまったく違って見えてくるでしょう。
 
(仁)

 
関連記事
明日を創る、未来ニュース vol.1 南北会談の未来をよむ
明日を創る、未来ニュース vol.2 司馬遼太郎、日本人への警告
明日を創る、未来ニュース vol.3 米朝会談の行方とトランプの本心
明日を創る、未来ニュース vol.4 霊言的中! 「トランプの決意」そのままの展開に

 

霊言とは?

「霊言」とは、あの世の霊を招き、その思いや言葉を語り下ろす神秘現象のことです。これは高度な悟りを開いている人にのみ可能なものであり、トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる「霊媒現象」とは異なります。また、生きている人間の守護霊の霊言は、いわば、本人の潜在意識にアクセスしたもので、その内容は、その人が潜在意識で考えていること(本心)になります。幸福の科学グループ創始者・大川隆法総裁は、数多くの霊を呼び出して、その言葉を伝えています。書籍化された公開霊言は450冊を超え、海外にも読者が広まっています。

北朝鮮の実質ナンバー2 金与正の実像 守護霊インタビュー

北朝鮮の実質ナンバー2 金与正の実像 守護霊インタビュー

大川隆法 著

○マスコミが報じられない米朝首脳会談の深層
○謎に包まれた金与正氏の実像とは
○「体制保証」の本当の意味と中身
○衝撃の「無血開城」構想
など

購入する